色んな沼にはまったオタク日記

ジャニーズにサッカー、アイドルに漫画にゲームにアニメに服に。色んな沼にはまったゆるオタ。

頑張れない子は好きなことがない子でしたよ

最近、ブルーピリオド/山口つばさに激ハマり中。

f:id:hahahahasshy:20180513231811j:image

 

クソ熱い藝大美大受験漫画。

とりあえず熱い話が好きなおじさんとしてはそれだけで大好物なんだけど、その中に繊細さとか葛藤とか親子のあれやこれやとかあって、まだ二巻しか出てないはずなのにすげぇ楽しんでる。

2018年に入って読み始めた漫画で間違いなく最大のヒットだと思ってる。

 

タイトルに使ったセリフ、激アツじゃない?

そこに続くセリフがまた良い。

 

好きなことに人生の一番大きなウエイトを置くのって 普通のことじゃないでしょうか?

 

これよこれ。

その気持ちがわかり過ぎるから、好きなことがない人の気持ちをあんまり理解できない。

あんた何にウエイトを置いてんの、って。

 

でもさ、好きなことを好きっていうのは怖いよね。

ブルーピリオドの良いところは、そういうところとか、「好きなことは趣味でいいんじゃない」っていうところもちゃんと描いてるところだと思うんだ、、、

 

好きなことで負けるのとか認められないのって悔しいし恥ずかしいし、だから保険で「いや別に俺そんなの好きじゃないし?」「一生懸命やってないから負けても悔しくないし?」ってなるじゃん?

そういう葛藤を描ける作品って他にない気がする。

そんなの気にしない猪突猛進型か、最初から天才で周りに認められてるか。

 

一巻の終わりのシーンがまた良いんだ。

俺は凡人だからやった分しかかえってこなくて だから天才と並べられるようになるまでやるだけ

ってやつ、マジで俺の「やれるようになるまでやったらやれるようになる」理論と同じことを漫画で言ってくれて感動したよね。

スポ根最高だよ。

天才にはなれないけど、天才と同じことをやれるようになるまでやれば天才と同じ能力は身につくんだよ、、、、

 

二巻は割と美術漫画ウエイトなんだけど、セクマイの話とかも入ってて、その中で「世間がいいっていうものにならなきゃいけないなら俺は死ぬ」っていう龍二のセリフ、俺は好きだよ。

他人の評価とか他人の目だけを気にしていく人にはたぶん理解できないんだろうけど、多数派には入れないけど、譲れない何かを譲れと言われたら俺もそういう気持ちになると思う。

「ジャニーズ好きだったら結婚できないからやめなさい」って言われても絶対やめないもんね。

サイレントマジョリティーならぬ、ボーカルマイノリティーには厳しい環境なのが現実社会だけど、それでも自分を曲げてサイレントマジョリティーになるくらいなら今のままで良いっすわ。。

 

そんで一番共感してるのは一巻の最初の方で、日本代表戦を見ながら「この感動は誰のものだ」って八虎が自問するシーン。

これが俺のジャニオタにおける最大の自問でもあるよね、、、、

見てて楽しいエンタメを否定する気は0だし、それを追いかけたくなる気持ちもよくわかるけど、やっぱり俺は彼らに憧れて、負けたくなくて、別にあんなイケメンになれるとか思ってないし、あんなに多くの人を感動させられるとも思わないけど、それでも身近な人だったり、サッカーを見にきてくれる人だったり、小説を読んでくれる人くらいは感動させたいなって思うし、そういう意味では彼らに負けたくないなって思うよね。

三者に感動を貰うのはもちろん好きだけど、俺が為手として作る感動はもっと良い、たまらん。

 

なんかよく分からないマーケティングブログですが、、、とりあえず好きすぎて今日から母親に読ませてます、、、

今年に入ってすぐにこの漫画を知ってどハマり中、、、推し武道に並ぶぜ、、、、

 

以上!!

文學少女/BURNOUT SYNDROMESフラゲ日より三年が経って

なんばのタワレコでイベントの引換券を貰い、A.B.Sea Marketと一緒に買いました。

つまり俺とあいちゃんが出会って三年。あっという間だね。

タワレコでナンパするのは後にも先にもあれだけ、、、だと思う。運命のルーレット回してた(コナン)

 

そんな話は置き。

Sea Marketは抽選で当たったファンミの方が印象深いからあれだけど、文學少女はアルバムとしてもやっぱり神だったよね。

っていうのを、昨日(11日)月光サンタクロースを聞いて改めて思ったね。

大阪で買った最後のCDがその二枚で、ひたすら聞いてたから、この二枚は前職の研修の記憶が強く練り込まれてる。これを聴きながら御堂筋めっちゃ歩いてた。

 

 

文學少女

青春文學ロックを自称するのはこの歌が一番大きいんだろうな、、、

DAMのカラオケに収録された日は沖縄出張中だったんだけど、ホテル横のカラオケに夜に突っ込んだ記憶がある。

セリフパートが秀逸だよね。リフレインに通ずるインディーズ期バーンアウトらしさというか。

 

 

セツナヒコウキ

結構なスルメ曲。最初は正直微妙だと思ってたけど、どんどん歌詞が刺さってきた。

あと歌い出しのアルペジオもかっこいいよね、ライブで聴くと尚更。

そしてそこに続くベースが神石川。

「ここにいたら僕も乾いてしまう だから明日東京へと旅立つ」ってフレーズが、そこに気がついてから今もずっと残ってる。

今のままでいちゃだめなんだなっていうのに気づかされるよね。メロディはインディーズバーンアウト、歌詞は今のメジャーバーンアウトっぽい印象。今のアルバムにあっても違和感なさそう。

あとこれ、タワレコでインストアやったときのアコースティック盤が死ぬほど好き。

 

ザ・ワールド・イズ・マイン

インディーズバーンアウトらしさのある、エッジの立った歌の印象。蜘蛛の糸とか夕陽ヶ丘とかそれ系の。

イントロのフレーズが結構頭に残ってて、それをずっと引きずってたら一曲終わるなって感じ。

矛盾だらけのストーリー、ってフレーズがなぜかずっと引っかかるのは俺だけじゃないはず。

 

こどものじかん

スーパー優しくてあたたかい歌。これと月光サンタクロースのおかげで文學少女がアルバムとして死ぬほど好き。なくても好きだけど。

「決して胸を張れる人生ではないが」の「が」にイントネーション置かれてるところ死ぬほど好き。

逆接なんだよ。他人に胸は張れなくても自分と好きな人に誇れる何かがあればいいやっていう、生きづらい人生を肯定してくれる優しさがあるよね。

「私は私を許せないまま」っていうのもいい。苦しんでるままで、それでもっていうところ。

バーンアウトと出会えた人生に後悔はない。から、バーンアウトのことを教えてくれたスーパーすぐ別れた元カノに出会えた人生に後悔はないです。

 

数學少女

今となっては登場曲のイメージで固定されてる。初めて聞いた時は何だこれ状態。

untitled track 7とかCHABANとかと同類かと思ってた、、、

BURNOUT SYNDROMESであることを証明する。

 

100万回のアイ・ラヴ・ユー

歌い出しで一気に惹かれるよね。

何かこう、気づいたら好きになってた。月光サンタクロース、こどものじかん、K大生とかは最初からこれ好きな歌だ!って感じだったんだけど、これはアルバムリピートしてたら気づいたら。

どこが好き!っていうよりは全体的に好きって感じだから力を込めて語れないのがもどかしいんですが、、、、、

 

或るK大生の死

とにかくこの歌はワンフレーズ。

「人としては零点でも蝉としてなら満点か」に尽きる。

結局評価とか見られる目って立場とか年齢とか色んなものがあって、今の自分が今の自分の立場でそうでなくても、他の立場ではすごいことをしてるんじゃないかっていう。

分かりづらいかな。なんか感覚的な話なもんでして。

俺も来世は希望を歌う蝉かな、、、、、

 

月光サンタクロース

はい神曲。最後に収録するのが憎いね!

五月にリリースしたアルバムのラストがサンタクロース。初めて聞いて以来、五月になると慌てて月光サンタクロースをプレイリストに入れる症候群。

イントロからアウトロにかけて全て神。

「汚れてくだけの命だ それがどうした私生きているよ」って、今の希望を歌うバーンアウトっぽくない?それが絶妙にインディーズバーンアウトらしいそれ以外の歌詞とマッチしてる。

2番の「We wish your Merry Christmas」のコーラスも神Sexy Zoneの「ほとんどだけど!」に並ぶねこいつは。ラスト前の「君にサンタクロースが」で止めるところもいいね。そこから始まるコーラスもポップさを際立たせてるよね、、、、

こいつを聞くと深夜に大正からお雨の中歩いてなんばまで帰った記憶が、、、途中で道間違えて淀屋橋に行くし、、、でもそんなのも青春だったね、、、、

そしてこれもまた、インストアのアコースティック版が最高でした。そこにいた人ならみんな分かってくれるはず、、、、、

 

 

以上、フラゲ日から三年後の一人書き。

マジで大好きなアルバムです。買ってもインディーズ期だからメジャーアルバムよりはお求め安いし、レンタルもあるはずなんでよかったらぜひ、、、というマーケティングでした。

サッカーが世界一楽しい

だんだん体が動くようになって来た。

体重は2kg減った。でも去年だけで8kg太ってるから事実上まだまだ太り過ぎ太郎。

 

サッカーがマジで最近楽しい。

っていうか、元々そうだと知ってはいたんだけど再認識してる。

マックス週5とか頭おかしい。でも楽しい。

 

昔の記事にも書いたけど、ジャニオタみたいに自分が受け手で楽しい趣味を見つけるのは簡単だけど、社会人になってそれを為手の立場で作るのって大変だよね。

でも俺はサッカー楽しすぎてやばい。

楽器弾くのも服を選ぶのも為手としての趣味だけど、やっぱりそういう趣味って良いよね。

いやもちろんジャニオタも楽しいけど。

 

誰かに与えてもらうんじゃなくて、自分で楽しさを作り出せるのがとにかく良い。

このあいだの練習試合で久しぶりにイメージ通り体が動いて、スライディングでボール奪えた時は最高だったね。

昔はもっとああいうプレーできてたはずだから、そこ、そこ以上を求めてこれからも練習します。

 

世界一の選手になりたいとか、日本代表を目指すとか、そういう歳じゃないのかもしれないけど、それでも今からの俺がなれる一番良い状況の選手にはなりたいので、、、、

まだまだサッカー選手として頑張ります。

生まれた日から今日までの僕が見てる

U R Not aloneを聞くたびに泣きそうになるオタク。

 

NEWSの公演は毎年ちょっとだけ、1〜3公演くらいのなかでしか行ってないんだけど、やっぱり最高に楽しいね。

えびは幸運にも好きな友達ができて、トラは姉ちゃんとって感じだけど、NEWSは毎年ぼっち参戦です。ジャニーズを好きになったばかりの頃を思い出せて最高。

 

ネタバレ禁止なアレがソレなんで色々は書かないけど、MCめっちゃ長かった、、、

あのユニット曲を一瞬口ずさんだ時クソ笑った、、、Jないで流そう、、、、

 

終演後は萩担とジャニショ→クソオタクカラオケ。

まさかの一曲目が愛なんてwww

 

楽しかったです、、、、

いやまじ、昨日までの俺が見てても恥の多い生涯でしかないからあんまりエールを送られてる感はないんだけど、頑張ってた頃の俺と、未来の俺が今の俺を笑わないように頑張ろうと思いました。

何事も。

あの中で俺が一番下手くそだから

小学生の俺が言った言葉の中で、母親が一番嬉しかったのはこれだったと高校生くらいの時に言われました。

 

サッカーで市の選抜チームに入った時の一言。

春の選考会と秋の選考会の二回あって、俺は春は落ちたけど秋は受かったパターン。

で、秋に受かって冬の大会に向けての練習に行った後にこの一言を言ったというのははっきり覚えてる。

 

周りは春も受かってる奴がほとんどで、俺が受かったのはまぐれだと思ってたから。

だから俺が一番下で、実力もなくて、だから頑張らないといけないと思って自主練とか増やしてたら大会はスタメンで出られたと。

 

そして中学で天狗になってまた選抜漏れして、高校ではまた選抜に復帰するっていうね。

いや中学の時も選抜の大会には呼ばれてたしスタメンで出てたんだけど、定期的な練習には呼ばれないことが多かったっていう。

 

まあそうやってどんどんプライドができて、今となっては「俺が一番下手くそだから」とは口が裂けても言いたくないんだけど、でもやっぱり、今日の練習でも痛感したね。俺が一番下手だよ。

体動いてないし。ボールコントロール全然出来んし。

俺よりめっちゃ年上の人も、ちょっと年下もいて、昔なら絶対にそういう人たちより下手って認めたくなかったんだけど、でもやっぱり、現時点では俺が一番下手だなって。

 

それがスーパー悔しいから、練習して体絞ります。

好き嫌いがはっきりしてるから、出来ないこととか下手くそなことを認めるのが悔しくないことって結構あるんだけど、サッカーはそれを認めるのが死ぬほど悔しいね。

 

俺が高校の時に外部コーチとして来てくれてた人が、社会人チームのキャプテンやってて誘ってくれたんだけど、今日会ってすぐに「お!下手くそ帰って来たな!」と大声で。

まあでも今は認めるよ。でも半年後見とけよな!!!!ぜってーそんなこと言わせんからな!!!つーかあんた今日も俺に結構ボール奪われてっからな!!!!

 

「つーかお前何で帰ってきたん?」って言われたけど、マジで半分くらいサッカーするためだから!!!!

ばあちゃん孝行とサッカーでほぼ全部だから!!!それに満足したらまたオタクしに出ていこうと思ってるから!!!!

学生時代、ちょっといいところまでいって負けちゃったからね。言うて県8だけど。まだやれたとしか思ってないから、もうちょっと延長戦でがんばります。

サッカーが唯一ジャニーズと天秤にかけられる存在だから、、、高校の頃はNEWSのチケット届いた日に試合が入ってなくなく諦めたからな、、、

 

そんな話は置き。

とりあえず、NEWS福岡は無理でも、コインロッカーやらえびのツアーまでにはサッカーしまくって痩せてる予定なので、皆さまよろしくお願いします。

笑えてます 幸せです

この「笑えてます」って最高のフレーズだと思うよね。

その後ろに続くのが「それでも時には涙します 落ち込みます」なんだけど、自然と笑ってるんじゃなくて「笑えてます」なところが俺の陰キャラ感性にピンズド。

 

地元にいる期間は、ちょくちょくブログを書いていこうかなと思います。

てかそれくらいしかすることないし。あとは前回の記事に書いたサッカーと楽器と小説とゆるジャニオタと、あとは勉強します。

 

そんな感じで。今日は試合でした。

フルコートで、ちゃんとしたサッカーの試合に出るのは一年半ぶりなもんでして。案の定、今は両足筋肉痛です。

マジで体重いし走れないしで恥ずかしすぎた。

体絞って、せめて足を引っ張らないくらいには動けるようになろ、、、

 

引越しの荷開けやら何やらも進めないとなーー何もできてない、、、、

とりあえず人生楽しみます。筋肉痛早く治れ。

 

オタクしたい。オタクするために次は出て行く。

小説書きたい。書きたい話はいっぱいある。

サッカーしたい。サッカーする。

 

わけわからなくなるからやめます。

君が思うより明日の朝は明るいさ

生まれた街を離れて、帰ってきました。

まさかまた本当にここに住むことになるとは。

 

子どもとしていた時と、出て行った後と、帰ってきた後、全てで印象が違うね。

しばらくはこの田舎で過ごします。

でもやりたいことは全部やります。欲張りなもんでして。

 

サッカーやる土壌はできたかな。

明日は試合だし、来週も練習です。少しでも本気でやりたいならうちに来いって言ってくれた人がいたんで、そっちに向かいます。

 

小説も書きなおし始めました。

とりあえずここを出るまでに10作は書きたいし投稿したい。

 

楽器も練習します。

新居の準備で最初にしたのはシンセサイザーやらベースやらの設置でした。

スタジオも近所にあるしちゃんとしよう、、、!

 

ジャニオタはやめられません。

でもここにいる期間は今まで以上にゆるオタになるかな〜なれるかな〜。

ジャニオタ以外の欲を今ここで満たして、次のステージに行く時にもっとジャニオタ出来るようになりたいな、と。

 

 

そんな感じです。

とりあえず三年目安でここで頑張ります。